• 永代供養墓の特徴とメリット

    永代供養墓とは江戸時代の僧侶が檀家の減少による収入を補うために勘案されたシステムです。



    寺院にもよりますが、永代供養墓には決まりがあり寺院が行う供養について決められています。

    寺院によっては30回忌までなどと決まっている場合があり、決まった供養が全て終了したら合葬される場合があるので、永代供養墓を依頼するときにはこれらの決まりを確認しておく必要があります。


    故人の生前の宗教は関係なく受け入れしてもらえる場合がほとんどですが、永代供養墓の後継者が改宗するなどして寺院に参詣しなくなった場合には、寺院から契約を解除された上お骨を返却される場合があるので、契約する前には注意が必要になります。

    永代供養墓を利用するメリットですが、永代供養料を支払えば規定された供養は全て寺院が行います。



    そのため遠方にいる場合などでなかなか参詣する事が難しい時でも、安心して供養をお願いする事ができます。

    値段も安い事も大きなメリットです。

    通常の墓地を購入した場合だと、墓石代や土地代を含めると300万円から500万円程度のお金がかかります。

    YOMIURI ONLINEの情報なら当サイトにお任せ下さい。

    永代供養をお願いした場合だと全て含めても100万円から200万円程度のお金で済むので、通常のお墓と比べるとかなり経済的です。


    寺院によっては信販会社と連携している場合やクレジットカードによる支払いにも対応している場合もあります。
    寺院の受付で信販会社のローンを申し込む事も可能な時があります。