• 永代供養墓の選び方とメリット

    現代社会は少子高齢化の問題で、永代供養墓の必要性、メリットが見直され、真剣に考えている人が多くいます。
    失敗しない永代供養墓の選び方を知ることで、前向きな生き方ができるようになります。

    お墓を継ぐ人がいない、お墓参りをしてくれる人がいない、自分の死後にお墓のことで子どもに負担をかけたくないなどさまざまな理由があります。


    先祖代々のお墓を守ることは金銭的に負担になるのが問題になっています。


    また、お墓があっても、檀家制度に嫌気を持っている人もいます。そんな人にとって永代供養墓はお寺が責任をもって永代にわたり供養と管理をしてもらえるお墓です。墓石代がかからず、墓地使用料が割安です。

    永代供養情報はこちらに集まります。

    一般の墓と比較して料金が安くなっています。

    一式で平均50万円が相場といわれています。

    永代供養墓は一式料金を一度支払えば、その後の管理費、お布施、寄付金などの費用はかかりません。

    中には、お寺によって、年会費または、護寺費、年間管理費を支払うことになっているお寺もあり、申し込みの時に確認しておくことが大切です。



    宗旨宗派は問われません。

    日本経済新聞の関連情報がご覧になれます。

    檀家になることが条件のお寺もある場合もあるので、檀家制度が嫌な人は気をつけることです。永代供養墓のつくりは、一般のお墓を大きくしたかたちで地下に安置用の納骨室つくり、その上に仏像、仏塔、碑を建立したお墓です。

    その他にもお寺によってさまざまな工夫やデザインをこらしたお墓があり、実際に自分の目で見て、気に入ったお墓を選ぶことをおすすめします。