• 永代供養墓に埋葬するまでの流れとは

    永代供養墓の良さは、墓石や墓地を購入する場合よりも、費用を大幅に済ませることができることと、永代供養量を払えば寺院が責任を持って管理してくれますから、お墓を管理したり継承してくれる人がいないという問題をクリアできるということなどです。

    全国の寺院や民間の霊園でも永代供養を行ってくれるところがどんどん増えています。



    永代供養墓は個人墓や夫婦墓、家族単位で埋葬されるものなど多様化しています。ちなみに個人墓や夫婦墓という形式自体は決して新しいものではなく、江戸時代はむしろこちらの方が主流だったので、ある部分では歴史のあるお墓の形式とも言えるでしょう。

    千葉の永代供養情報が満載です。

    また他の遺骨と一定期間後に合祀される場合や、一部の遺骨はずっと分骨されて管理されるというタイプなど、合祀のルールもそれぞれで異なっています。

    Yahoo!ニュースについて詳しく知りたいならこちらです。

    料金もまちまちですから、自分たちにマッチングした永代供養プランのところを選ぶ方がいいでしょう。
    平均的な価格は大体30万円から50万円です。最初から永代供養墓にする場合は生前予約などもあり、わずらわしさはありませんが、一度埋葬された遺骨を改装する場合はそれなりの手続きが必要です。


    まず役場から改葬許可申請書をもらって記入を済ませた後で、今のお墓の管理者に署名などをしてもらいます。
    次に永代供養墓のある寺院へ使用許可証をもらい、これらの書類を揃えてまた役場に行くと、改葬許可証が発行されます。
    遺骨は、閉魂供養を行ってから取り出します。