• 永代供養墓の特徴について

    お墓の種類にも様々ありますが、その中の一つに永代供養墓があります。

    産経デジタルに関する情報を紹介するサイトです。

    こちらのお墓の特徴ですが、通常のお墓よりもかなりお金が安い店があります。


    通常のお墓の場合だと墓石代や土地代を含めて200万円から300万円程度費用がかかります。
    しかし永代供養墓の場合だと100万円から200万円で済む場合があります。

    通常のお墓と比べるとかなり経済的です。


    寺院によっては信販会社と提携している場合があり、現金一括払いができない場合にはそちらの信販会社が提供しているローンを利用することも可能です。

    ローン会社によっては分割払いもできる時もあるので寺院に確認が必要です。



    こちらの形態のお墓を利用する人は、遠方でなかなか参詣に来る事ができない場合があります。

    そのような場合でも寺院で供養するので、安心して預ける事ができます。
    永代供養墓を使用する上で注意しておく事があります。故人の生前に信心していた宗教は問わない場合がほとんどですが、永代供養墓を依頼した後は遺族に対して宗教を確認してくる場合があります。


    寺院によっては遺族の宗教が寺院の宗教と違う場合には、遺族に対して改宗を求めてくる場合があるので、事前に寺院に対して確認が必要になります。

    寺院によっては決まった期間が過ぎれば合葬となる場合があります。

    基本的には檀家になる必要はありませんが、ごく稀に檀家になるように強要してくる時もあるので、事前に寺院に確認しておく必要があります。